札幌市西区スポーツ整体院。不調を伴う前のパフォーマンスにもどること、また、それ以上のパフォーマンスに到達できるよう、スポーツ整体の専門知識を用いてサポート致します。オスグッドやシンスプリントなど、通常時間のかかる症状に関して、特に効果を発揮しています。

スポーツ整体(札幌)

スポーツ整体とは?
  • 当院でいう スポーツ整体 とは、
  • 患者さんの目的によって、大きく2つに分かれます。
  1. スポーツ時の痛みを解消することを目的としている
  2. スポーツ時のパフォーマンスUPを目的としている


  • ただし、2つとも特別な施術を行うわけではなく、
  • 骨格のゆがみや筋肉の状態を調べ、整えてきます。


  • 運動は特定の動きを繰り返し行う為、
  • 筋肉に負担がかかり、疲労します。
  • そうすることで筋力が低下し、関節を支えにくくなり
  • 前後左右のバランスが崩れ、
  • 関節のわずかなゆがみにつながります。



  • ゆがみにより神経を圧迫すれば、「痛み」につながり、
  • また関節の稼働を制限するように歪んでしまうと、
  • 思ったようにプレーできなくなってしまいます
  • パフォーマンスの低下)。



  • 札幌西区の整体「からだリセット整体院さっぽろ」に来院される、
  • 患者さんの主なお悩みの症状は、
  • 腰痛・坐骨神経痛・膝の痛み・太ももの肉離れ後の痛み
  • 股関節(そけい)・ゴルフ肘・腱鞘炎・テニス肘・ランナー膝
  • などさまざまです。



  • スポーツ整体として整体に通う際に大切なことは、
  • 「どんなスポーツを」「どの位行うのか」といったことです。


  • 例えば、同じジョギングでも健康維持なのか、フルマラソンなのか。
  • 野球であれば、草野球なのか甲子園や大学進学、プロレベルを目指すのか。


  • ゴルフであれば、付き合いで月一なのか、熱心に練習も通うのか。
  • そのためには、関節の可動域は、どこまでスムーズに
  • 動かせる必要があるのか、
  • 個々の目標を設定し、施術計画を立てます。


  • 当院に、スポーツ整体を希望して来院される患者さんの多くは
  • いたみやシビレ症状が出て、随分たってから来院されます。


  • そのため、回復までに時間がかかります。
  • また、症状によっては「痛み」「しびれ」を
  • 完全に改善できないこともあります。


  • いつもと違うな、と少しの違和感でも感じれば、
  • 迷わず近くのスポーツ整体院
  • 相談することをおすすめします。
どんなことをするの?
  • 当院のスポーツの整体治療では、
  • 特別になにかするわけではありません。
  • 筋肉にかける負荷(強度)・動く範囲(可動域)を、
  • スポーツの特性に応じて観察し、
  • 「日常生活で痛くない」ではなく「スポーツに耐えられる体」
  • を目指します。
  • 例えば、マラソンや山登りの下りで膝が痛む患者さんに
  • 一般の患者さんと同じような
  • 「正座・深くしゃがみ立ち上がる際に痛みがない事」
  • ゴールに設定したのではダメです。
  • 「ある程度の負荷をかけても問題がない(痛みがでない)こと」
  • をゴールに設定する必要があります。
  • ただし、徐々に段階的に負荷を上げていくことになります。
  • 痛みが大きい場合などは、
  • はじめは一般の患者さんと同様に
  • 日常生活での痛み解消を小目標として
  • 始めることもあります。
  • その場合は、日常生活の痛みが取れるまでの間は、
  • スポーツを完全に休んでもらうこともあります。
  • そして、日常生活における痛みや違和感が取れた後に、
  • 負荷を強くし、スポーツに耐えられるまで
  • 運動強度を上げていきます。
  • スポーツ整体は、 マッサージ をすることではありません。
  • スポーツの特性に応じた、負荷を体に与え
  • 高いレベルでの施術を行うことです。

札幌整体「からだリセット整体院さっぽろ」
ページの先頭へ

運動しながらの治療でも痛みは楽になるの?
  • 希望として一番多いのが、
  • 「運動をして使いながら治したい」
  • です。
  • しかし、悪化させてしまった痛みは無理です。
  • プレー中はもちろん痛むが、
  • アップや準備体操ですら痛みがでます、といった場合は、
  • 相当悪化させていますので、
  • 覚悟を決めて休む必要があります。
  • でないと、痛めた部位を体の他の部分でかばってしまい、
  • さらに他の部分までも痛めてしまいます。
  • ただし、患部に関係ない運動まで
  • 控える必要はありません。
  • 例えば、
  • ゴルフ肘 野球肩 は、ランニングなど下半身を使う有酸素運動はOK
  • シンスプリント 膝痛 など、下半身のものは、上半身の筋トレOK
  • といった感じで。
  • また、いつまで休むかは、行う競技により異なります。
  • スポーツに応じた、可動域(関節の動き)や筋力が
  • 正常になるまでです。
  • また、
  • 「ゴルフ肘では、ドアノブを回す動作(回外)で痛くない」
  • 「野球肩なら、腕を前-横にあげたときに耳につくまで上がり、痛くない」
  • 「ランナー膝であれば、正座はもちろん・しゃがみ立ちでも違和感ゼロ」
  • といったのが、負荷の小さいトレーニングを開始する
  • 目安となります。
  • 徐々に負荷を上げていき、
  • 痛みが出ないことを確認してから、
  • 各スポーツのトレーニングを徐々に開始します。
  • 問題がなさそうであれば、
  • 運動前後のケア、プロのメンテナンスが必要なサインを
  • お教えてして、競技スポーツに復帰していただきます。
  • また、スポーツで最高のパフォーマンスを発揮しても、
  • 痛み・違和感を感じないように数回のメンテナンスも
  • 受けるとよいでしょう。
  • 札幌でスポーツ整体施術を行う当院にいらっしゃる患者さんは
  • 病院や整骨院での健康保険治療で良くならず、
  • 痛みが出てから時間がたってから、
  • 症状をこじらせ来院される方が多いようです。
  • 対応が遅れるとやはり時間がかかってしまします。
  • 当院で一度、スポーツ障害が改善し、
  • 1か月に一度の定期メンテナンスにいらしている方は、
  • たとえ痛みや違和感が出たとしても数回で改善しています。
  • ★パフォーマンス向上はもちろん、★
  • ★競技成績結果が向上している方も多数来院中 ★

札幌整体「からだリセット整体院さっぽろ」
ページの先頭へ

運動をすることで起こる、痛みの原因と症状
  • スポーツを行い、体に痛みやシビれが出るというのには、
  • 2つの原因があります。
  • スポーツ外傷(けが)と、スポーツ障害(使い過ぎ)です。
  • ●整体の対象
  • 使い過ぎによる痛み、スポーツ障害
  • (野球肩・ごるふ肘・テニス肘・ランナー膝・シンスプリント・そけい痛・膝・かかと痛など)
  • ●病院を受診すべきは
  • 肉離れ、半月板損傷・骨折・脱臼などのけが
  • また、症状をいつ感じるかで状態がわかります。
  • (番号が大きいほど×)
  • 1.競技中に痛みは無い。
  •   しかし、以前より疲労が取れにくい・回復が遅くなった。
  • 2.アップや準備体操の時点で痛みは無い。
  •   しかし、競技中に時々つらい。
  • 3.アップでは違和感程度。しかし、競技中は必ず痛い。
  • 4.競技中はモチロン、アップや準備体操で痛い。
  • 5.競技スポーツどころか、日常生活で痛い。
  • スポーツを続けながら、整体に通い、
  • 痛みやしびれが改善していくのは
  • 2の「競技中に時々つらい」までです。
  • 3はシーズン中は、無理のない範囲で運動をして、
  • 悪化の防止をしながら、
  • オフシーズンにしっかり休み治療が必要。
  • 4,5であれば、スポーツを休まないと良くはなりません。

札幌整体「からだリセット整体院さっぽろ」
ページの先頭へ

症状から見る、通院の目安
  • <整体施術の指標>
  • 1.競技中に痛みは無いが、
  •   以前より、疲労が取れにくい又は回復が遅くなった。
  • スポーツの後に腰・膝・肩がダルイ、違和感がある。
  • こんな状態を放置しておくと、痛みになる事も!!
  • 整体での歪み調整が、「故障の予防に」最も有効な時期です。
  • 整体目安:月に1~2回の整体治療が効果的。
  • 2.アップや準備体操の時点で痛みは無いが、
  •   競技中に時々つらい。
  •   日常生活では、痛みゼロ。
  •   競技前のアップや軽い動きでも痛みは感じない。
  •   ただ、競技の最中に「アレッ」と思う痛みが毎回ではないが、
  •   時々痛みを感じる事がある
  • 整体目安:競技を続けながらの整体で回復の可能性
  • 1週間に1回の整体施術が効果的 。
  • 3.アップでは違和感程度。しかし、競技中は必ず痛い。
  •   アップの時から違和感あり。ただし症状に波があり、
  •   痛みが出たり出なかったりといった状態
  •   「治ったかな?」と思い、競技をすると必ず痛みが出て、
  •   イツまでも治りきらない。
  • 整体目安:競技を続けながらの整体で回復の可能性
  •      競技休めるなら週1回
  •      競技しながらであれば週2回
  • 4.競技中はモチロン、アップや準備体操で痛い
  •   プレー出来ない事は無いが、
  •   痛みを感じながらも我慢してなんとかこなしている状態。
  •   以前は痛くなかったアップの段階で痛みあり
  • 整体目安:競技を続けながらの整体で回復の可能性
  •      競技を休んで週2回
  •      競技はアップ時に痛みが出なくなるまで休む。
  • 5.競技スポーツどころか、日常生活で痛い
  •   運動をするどころの問題ではなく、
  •   日常生活でも痛みがでているため、かなり問題あり
  • 整体目安:競技を続けながらの整体で回復の可能性ほぼゼロ
  •      病院との併用も必要な場合がある。
  •      競技を休んで、痛みがでなくなるまで
  •      できる限り毎日通院。


  • いずれも当院の所見です。通院中の先生に聞いてみてくださいね。

札幌整体「からだリセット整体院さっぽろ」
ページの先頭へ

当院での症例

当院には、 オスグッド シンスプリント
腰痛腰椎ヘルニア頸椎ヘルニア股関節の痛みねんざの後遺症
といった様々なスポーツ時の症状を患った患者さんが
来院しています。
また、けがの再発防止に効果的なウォーミングアップ方法や
自己療法についても指導しています。

生涯、長くスポーツを楽しみたいあなたを
当院は全力でサポートいたします。

症例ブログはこちら「札幌のスポーツ整体


恵庭中陸上部0429.jpg

札幌整体「からだリセット整体院さっぽろ」
ページの先頭へ

ぎっくり腰整体師のイメージ
院長 国西 健志
1978.11.15生
O型
シンクロリセット療法という当院独自の施術を行う。
詳しい自己紹介

札幌の腰痛整体院_外観
からだリセット整体院さっぽろ
札幌市西区発寒5条3丁目1-19ラグーサ1F( 地図・アクセス

  • 駐車場2台あり

ご予約料金・ご予約へ
・TEL:011-213-7354
メールフォームによる簡単予約はこちら(メール予約は24時間受付しています)

営業時間

  • 午前9:00~午後7:00

※水曜日と土曜日は午前のみ営業(メールでのご相談は24時間365日受付しています)
定休日

  • 日曜日
  • セミナー出席などによる不定休あり